ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

熊本の竜門ダムにワカサギ釣りに行ってきました 2019/1/13

ふつうの釣り
01 /13 2019
明けましておめでとうございます、谷口そらです。いつもブログに遊びに来てくださっている方、ありがとうございます。更新が遅くなりましたが、皆様今年もどうぞよろしくお願いします。
結婚 ブログ投稿用2018-4-29 (1)

さて、今年はじめは熊本県にワカサギ釣りに行ってきました。去年も同じ場所に行ったのですが、その際60匹以上釣れたので、今回もたくさん釣れるのではと、意気込んで3時間かけて行ってきました。











釣果です。0108135db713fb500cd5c680f229c2cd7a71b0d5f6.jpg

良いまな板が釣れました。あ、中央にいるのはおまけです。

010fa683b9868d77cba7cb4bfffe9de60f1a919269.jpg 



魚探のDeeperを使ってみたのですが、ワカサギそのものは確かにたくさんいました。
01b5d60ff90043bbda03657764223979df3fb72f07.jpg
 
この水中の様子がこれです。
2019-01-13_191815.jpg 

みにくいので矢印を付けると・・・
イラスト 新規作成用映像で見たところ、確かにワカサギはちゃんと居ました。
しかし、いても食べてくれないのです。エサは紅サシを使ってました。


 ワカサギ釣り常連の方が話しかけてきましたが、今回は前日に雨が降ったため釣れないのではないかと。経験ではそういう日は粘っても来ず、時間だけが過ぎていくとのこと。たしかに周りの方もうんともすんともいわない状況でした。雨によって水温に変化が生じ、あまり釣れなくなるとのことでした。

3時間くらいやってましたが、これは無理かもと判断して近くのご飯屋さんで食事をして宮崎に帰りました。釣れなかったですが自然を楽しめたので、また行けたら来月にリベンジしに行きたいと思ってます。












P.S
かやの一日の変化
ガール16  2018-1-13 
   ↓
ガール55  2018-1-13 
   ↓
ガール54  2018-1-13 
   ↓
ガール42  2018-1-13 





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

【バラシをなくして逃がさない】タチウオのウキ釣り仕掛けを考えました

ふつうの釣り
11 /30 2018
谷口そらです。タチウオ釣りに使用した仕掛けについてのご紹介です。この記事は↓の動画の補足記事です。






私たちが使った仕掛けは、↓の仕掛けを使っています。エサにはアジを使いました。キビナゴではなくアジを使ったのはこちらのサイトを参考にしたからです。
タチウオし掛け 2018-11-19 

①ウキ、針セット
こちらのセットを買えば、タチウオのウキ釣りはすぐ始められます。私も最初に購入したのがこれです。ただし、夜にウキを見えるようにするウキライトは付いていません。



②ウキライトについて
①のウキセットにはウキライトがついていませんので、別途購入する必要があります。ウキをしっかり見たい場合は、↓のライトが値段的にもオススメです。
2018-11-28_140021.jpg 

電池が別売りの場合もあるので、ネットか近くの釣具屋でご購入ください。
電池はBR435。2個で270円ほどです。


①で紹介したウキのてっぺんに、このライトを付ける事で見やすくなります。
なお、始めてで値段が気になる場合は、ケミホタルというライトをウキのてっぺんに付けても大丈夫です。少し光が弱いので見難いですが。ケミホタル37mm(ダイソーで6個で100円で売ってます)でやってみてもよいかもしれません。


③竿について
竿は正直なんでもいいのではと思っています・・・。でもやりやすさやを気にしたり、仕掛けを遠くに投げたい場合は、4~5mくらいあるしっかりした竿をもっておくのもいいかもしれません。リール付きのファミリー竿でも一応釣れました。やりにくかったですけど。



④逃がさない仕掛けについて
①で紹介したこのつらぬきタチウオ(アンカー針と呼んでいます)を下のように2本がけにします。
2018-11-28_135217.jpg2018-11-28_135320.jpg2018-11-28_135338.jpg2018-11-28_135402.jpg
2018-11-28_135431.jpg 
この仕掛けだと、エサのアジが水平状態になります。
2018-11-19_104033.jpg 

このハリが一つだと、中央に刺した時、魚がくの字に曲がってしまいました。
2018-11-19_104050.jpg 

頭や尾っぽにつけても平行にならないので、2つがけにするのが一番平行を保てる上、エサもちが良くなりました。また、2つにしたお陰でバラシも少なく逃がさなくなりました。タチウオはエサを食べても針にかけるのが難しい魚ですので、バラシを少なくすることが釣果に大きく貢献するのではないかと思います。



⑤アタリ数について
この仕掛けにした当初は、【針が二つなのでタチウオにわかってしまい、食べないのでは?】と思っていたのですが、実際その心配はあまりなく、しっかりアタリはありました。下のグラフは周り(※1)と自分のアタリの数を比べたものですが、
2018-11-27_160040.jpg 
※1    両サイド3~4組
※2   16日は雨で、周りは誰もいませんでした

9/25,10/21はアジの背中掛け、11/11以降でアンカー針2本掛けに変えています。まわりにアタリがない日でも、例えば18日は反応もよかったので、この2本掛けのせいでアタリが少なくはならない、と考えています。(11月21以降は寒くなってタチウオがいなくなったのが原因かと思われます。またアタリが周りより多い要因は、37mmケミホタルを水中に付けていることも考えられます)


総合的にみて、アタリに対しバラシの割合が、このアンカー針2本掛けにしてから少なくなった(逃がさなくなった)と感じています。


なおアタリを増やすことに関して、水中ライトについてはこちらの研究が参考になりました。


タチウオのバラシを少なくする方法でした。あくまで一例ですので、ご参考までに。タチウオ釣りのグラフについては↓の記事に書いています。


ウキ釣りの手順については、タチウオのウキ釣り入門の【ウキが浮き沈みしてる段階はじっと我慢する】を参考にしました。





皆さんのタチウオ釣りの助けになれば幸いです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

【宮崎港でタチウオを釣る方に】釣れる時間帯と時期をグラフにしました

ふつうの釣り
11 /29 2018
こんにちは、そらです。今回はデータは少ないですが、タチウオ釣りの釣行のデータをグラフにしてみました。動画で見たい方はこちらをご覧ください。






最初に、このグラフのデータの場所は宮崎県宮崎港、フェリー乗り場付近です。仕掛けは下のような仕掛けです。
タチウオし掛け 2018-11-19 水中のケミホタルはエサから1m~1.5mの位置につけました(道糸はナイロン3号を使用しています)。キャストする場所は陸から20~30mです。



9月から11月のデータです。時間は17時~20時までの時間帯です。(宮崎港は21時に閉鎖されます)
最初にアタリがあった数について。グラフはウキ釣りに関してのデータです。(画像がみにくい場合は、ブラウザを拡大してください)
2018-11-27_160040.jpg 
赤は周りの方のアタリの数、緑は自分のアタリの数です。注意して欲しいのはアタリの数≠釣れた数ということです。

 9/25と10/21はエサのし掛けを背中がけにしていました、なのでアワセが下手だったのもあり、一匹も釣れませんでした。周りの方は何匹も釣ってましたし、ウキの反応もよかったです。

 11/11から、針をアンカー掛けに変更、そのお陰でやっと釣り上げることができました。その後16日、18日はアンカー針にしたのもあり、タチウオが釣れやすくなりました。まわりの方のウキは反応してなかった様でした。11/21は、自分、そして周りもまったく反応がありません。寒くなってきて、タチウオがいなくなったのが原因だと思われます。

 11/25は小さなタチウオが釣れただけで、反応はそれっきりでした。25日のアタリ(まわり)については、車のライトを海面に向けて放っていたご家族の方の釣果です。その方達が2匹釣り上げてましたが、他はまったく反応なしでした。(強いライトを海面に向ける行為は、嫌がる釣り人もいるみたいですので、周りに注意して行ってください)

なお、満潮と干潮の時間は記録してますが、釣果との明確な関係性は得られませんでした。詳しいデータは記事最下部に記載しています。


時間帯とアタリの関係について。こちらは11/11~11/25のデータです。まわりの方のアタリの数も数字に含めており、反応の多い時間はいつかというデータです。日没は17:13です。(画像がみにくい場合は、ブラウザを拡大してください)
タチウオ 時間グラフ 2018-11-28 グラフのように、18時がもっとも反応がよく、19時を超えるとアタリが少なくなるという結果でした。感覚的には、17:30~19:30の2時間が反応のよい時間なのではないかと思います。これは11月のみのデータなので、9月、10月に集計をとったら、また違った結果が得られるかもしれません。


風の強い日は流されるし大変で釣りになりません。風速8m以上の日はあまり釣りに行かない方がよいのではと思います。宮崎の風速はこちらのサイトで確認できます。


タチウオ釣りのご参考になれば幸いです。
タチウオ関連の記事は↓になります。









データ。すべて宮崎港フェリー乗り場近くです。

2018/9/14
満潮20:40。エサ=キビナゴ  風速は不明だが強かった。
風が強く浮きが流されすぎるので釣りにならない。タチウオ釣れず。

2018/9/25
満潮 約18:00。エサ=イワシ。 風11m/s、波1.6m。
前回と同じで風が強いのでウキが流され釣れず。

2018/10/21
満潮18:30。エサ=アジ。 風速不明。
周りはよく釣れていた。

2018/11/11
満潮19:30。 風4m/s、波0.9m。
タチウオ1匹。18:01にアタリがあり、釣り上げる。

2018/11/16
干潮19:30。 風速不明。強くはなかった。天候は雨。周りに誰もいない状況。
タチウオ2匹釣れ、2匹あせってバラす。17:44,18:21に釣れる。
バラシ2回は18:51と18:55。ウキが動いたタイミングであわせてしまったため逃す。

2018/11/18(日曜)
満潮15:00。 風速不明だが波、風ともに穏やかで、ウキはあまり流されず。
タチウオ3匹釣れる。18:00,18:01,19:15。バラシは17:37。ハリごと取られた。
日曜なので周りにたくさんの人が居た。周りはアタリなし。

2018/11/21
満潮16:55。 風3m/s,波0.8m。
釣果0。アタリも0。風が3mより強い気がして、水面の波もざわざわしてた。なんとなく釣れない気がした。

2018/11/25
満潮19:09。 風4~5m、波0.6m。穏やかだった。
タチウオ1匹。17:30に釣る。周りは釣れてなかったが、1組車のライトを海に放っていたところがあり、その竿では18:56,19:25にそれぞれ釣れていた。






このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎港 大淀川河口の、釣れたハゼについてのグラフ(2018 7月~10月)

ふつうの釣り
11 /29 2018
谷口そらです、今年も終わりが近くなり、釣りの釣果を集計しているところです。
ハゼ釣りを好きでよくするので、そのデータを記録してみました。

まずデータを取った場所は同じ場所です。
MapFanで大きな地図を見る

↑の所で、下り坂を降りた場所にテトラがあるので、そこでいつもハゼ釣りを楽しんでいます。
ここでは遊漁証が必要みたいですので、一応ご購入ください。
※ここは満潮になると潮が満ちてテトラがすべて水没するので、潮が引いている干潮の時に釣りをしています。釣りをする場合は干潮、満潮にご注意ください。


ハゼ釣りですが、仕掛けはナイロン2~3号に中通しオモリ1.5号を通し、サルカン、キス針7号というシンプルな仕掛けで釣りをしてます。ホントは2本掛けの方がたくさん釣れるのですが、楽しむ程度なので1本がけにしています。正直小さい針にエサをつければ多分釣れます。

 竿とリールは正直なんでもよく、ファミリー向けのリール付き竿1580円がまさに向いていると思います。

エサは砂ムシ(岩ゴカイ)を使います。イソメでも大丈夫です。
テトラの隙間にそれを落としてハゼを釣ります。

データはこんな感じでした。(見づらい場合はブラウザを拡大してください)
2018-11-30_000521.jpg 2018-11-30_000506.jpg※1 縦軸は匹、釣れた数です
※2 グラフのない日は、釣りに行ってない日です。ボウズの日はありませんでした。
※3   一時間あたりの数では、ウロハゼも含んでいます

時間帯はまちまちですが、10時~18時の間です。意外とマズメ時じゃなくても釣れ、10時、11時、2時、3時と、時間は選びませんでした。日が暮れて夜にならなければ時間はあまり関係なさそうです。釣行は2~3時間くらいでした。

釣果に関して、以下は私なりの結論です。
①8~9月が良く釣れる
②水が濁ってる日は釣果が下がる
③台風の後も釣れるが少なくなる印象
④水が濁ってるとハゼ以外が釣れる(スズキ、クロダイ(小)など)



川は澄んでいても釣れました、しかし澄んでいる日は少ない印象です。特に台風の影響がすごく濁ってる時はホントに濁ってるので、釣れないかもと覚悟することも必要かもしれません。

以上、ハゼ釣りのデータでした。また来年もデータを取るので、ある程度集まったら集計してグラフにしたいです。

みなさんの釣りの助けになれば幸いです。





このエントリーをはてなブックマークに追加