ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

初ボートはさんざん(キス釣り) 【2馬力エンジン・免許不要のミニFRPボート】

ボート釣り
07 /31 2017
こんにちは、しろボーイです。
いざボートでつりへ!宮崎臨海公園へレッツゴー!

と張り切っていた2人でしたが、初のボート釣りは正直困難を極めました。ボートに乗ろうと決めていた場所には水上バイクが・・・いつもはこんなにいないのに!!(15台くらい走ってました)

 そして、圧倒的波の高さ。初心者の二人、しかも初ボートではかなりこたえました。だめだめな初ボートを順番にお伝えしていきます・・・。


①砂浜で車が埋もれる
16の1 
砂浜に突っ込んだせいでいきなり車が砂に埋まりました・・・。ギアをバックにして、前から押して救出。




②波が高い
23.png 風速はそこまでだったと思ったのですが、実は台風が近づいている時でした。そこまで調べておらず・・・。




③必要だろうと思って荷物をのせまくる
17の1 
70%以上使いませんでした。(しかも海水がかぶった)
とにかく、ボートの上では軽くです・・・。



④2馬力エンジンの操作方向がわからない
21.pngいざ出船となっても、 エンジンの操作性がよくわからない。
船は、エンジンの向けた方向とは逆のほうに進んでいきます(車と反対になる)。とにかく右か左かわからない。何度か1回転しました。

⑤アンカーを降ろしても流される
22.png アンカー2.5Kgでは軽かったようです。しかも砂浜でフォールディングアンカーだったので余計船は止まらず、流されました。





⑥岸から離れるも、エンスト
20.png 
船外機がいくら引いても稼動しない!これが一番焦りました。船はすでに岸を離れているのですが、300mくらい行って突然のエンスト。引いてもかからない。この原因は、普通は岸でアイドリングを2分程するのですが、それを忘れてたことが原因でした。あと、やらなくていいチョークを引きまくってエンジンをかけ、エンジンがかぶってしまったのも原因でした。





⑦波が強いのでどんどん流され、テトラが!
18の1 
船がぶつかったらと思い、相当あせる。しかもエンストで2馬力エンジンが動かない!テトラに近づいたら、テトラをオール(船を漕ぐ道具)で直接押して離れるのですが、初めてだったのでとにかく怖い!





⑧テトラを押したらオール、真っ二つ
19.pngオールで焦ってテトラを押したらボキッっと・・・。 もうひとつのオールで押して離れてその間にエンジンを何とか付けて、海上でアイドリング。

釣りをしてなんとかキスを1匹釣り上げましたが、その頃には疲労困憊。今日の釣果はこれだけです。あげ忘れていたアンカーとトランサムドーリーに釣り糸が引っかかったので、今日の釣りは終了。
撮影する予定でしたが、正直波の高さやら疲労で大変すぎて、不可でした。




⑨車に船が乗らない
24.png 船を陸上に引き上げるも家でできたボートの乗せ方では、砂のせいでうまく乗せられません。隣で見ていた心やさしい人が、手伝ってくれたのでなんとか船をボートの上に乗せることができました。
しかしその間に2馬力エンジンを立てかけていた助手席(ボーイの席)が、2馬力が横向きすぎてガソリンがもれていた・・・。


⑩帰る時、車でうわのそら
25.png だらしない!


とにかく問題だらけの初ボートでした。筋トレもそこそこに行ったので力不足、知識不足、情報収集不足! 勉強になりましたが正直かなり疲れました・・・。だから、次は準備をしっかり行ってリベンジを果たします。

次回!リベンジ!!






スポンサーサイト



5話 ついに、念願のボート! (ボートの紹介)  【免許不要二馬力エンジン・8ft FRPミニボート】

プロフィール
07 /31 2017
ボートの紹介です。動画にもしました。




こちらが私たちの船、しろ丸です。
01d18e69aaaae96c37f92019bbb6ebf466ae2a527c.jpg 

重かった・・・(。。;)

後ろ↓0165d66a5145140c03f042a0e9bad26e31dd87730d.jpg 
全長2.31m、重さ43kg(サイドフロート※付きで52kg)です。
※サイドフロートは船横につける浮き輪で、転覆や海水の入り込みを助けます。

順番に紹介していきますね。

①サイドフロート
01836b86d63b5d685c962ff74959ad173e27021d31.jpg011f7b50af69f98980f30e36b322a940e33faff380.jpg取り外しが可能で中が空洞なので浮きます。転覆などを助けてくれます。 


②オールクラッチ
016b3d29a7cdb035c7f41424699143470c61bf2f43.jpg オール(舟をこぐ道具)をしまう付属品です。↓のようにオールをはめられます。
オールだけでなく、タモ(ネット)などの細長いものもしまうことができます。01b4f3d78f23f4a40bc4dee5f3b13c242770e07680.jpg 


③イケスとカッパー
01cf577a80c19c06d60527ec56e443d906f43d7d8e.jpg 魚をしまっておけるイケスです。釣った魚や、エサとして使う魚をこの中で泳がせておくことができます。しろガールの席でもあります。

開けるとこんな感じに。40cm位の魚なら楽に入ります。019beb2873e1b882a898336e1c488e1aaebe83773e.jpg 0128349d228824701695c8e4f96bbf4eae748f4954.jpg011415fc8102722d49c2fbf3f9209a31bb493ccf65.jpg ↑がカッパーというもので、下から海水を取り入れ、船が走ると海水が循環するという仕組みです。船の底に穴があっても、船が沈んでいる高さまでしか海水は入ってこないので、沈没の心配はありません。


④オール固定穴
01ea8c6debf74936f15026f0915fe8f712a3e2a5a4.jpgオールを固定して置くための穴です。 2馬力エンジンを使わないとき、オールを固定しておくときに利用する穴です。私はあまり使いませんが。


⑤バウ物入れ
01e0e5d6540c4d299eb213d15c48071e825cd86580 - コピー 船前方をバウといいますが、その空いたスペースに物が収納できます。普段はライフジャケットや、携帯トイレ、その他雑品を入れています。あると便利な物いれです。


01cb8ba6d2bb69a10e5b6fbf3c7f34a075ee04e81e.jpg 0114e350412c4d2331ed91ba1dde16b61c0c1a1633 - コピー 
⑥トランサムドーリー
0159e29a93c7ce3ec6154e3c77e96080d20448b4f9.jpg 私たちには必需品のトランサムドーリー。トランサムは後ろ(船尾)の強化材で、ドーリーがタイヤ。
 
 要するに後ろのタイヤです。このタイヤは船を運ぶときに必須で、とにかくこれがあってよかったと思いました。船を購入するときはオプションだったので。タイヤは船の上下に改装可能です。


019eacdc5739ba042e7060b808ee30dfdd2391b14d.jpg



 車に乗せるとこんな感じに。der.jpg



これまでプロフィールでは船を選んで購入するまでの流れを描いてきましたが、プロフィールは今回で終了です。次回からは実際に船に乗って体験したことを記事にしていきます。しろ丸ボートの活躍を今後も温かく見守っていただけるとうれしいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。






スイカを育てよう3 収穫できました

野菜づくり
07 /28 2017
スイカが収穫できました。黄色スイカでそれなりに大きくなり、6週間たったので収穫。


ぱかっと切ってみる。
01230452e2e586de2ff5ed729290dd5d4dc525188f.jpg おお、スイカだ!香りもスイカです(^^)


細かく切って食べてみよう。
がぶっ!!
0155679cb3317df3cfcc894b9a7ca19b44330a7224.jpg 


うん!スイカだ!  でも甘くない!(笑)


糖度3くらいじゃないかな。
たしかに梅雨の時期に作ったものだから水分取りすぎちゃったかもです。
015ff4487a688627ed20f2ffba36bb2d35413ca29d.jpg
ぶれぶれ。

 水分補給にはちょうどいいです、スイカとしての違和感もない。
まだスイカは実がなってるから夏スイカで次もがんばろう(><)





4話 ボートがのらない!? 

プロフィール
07 /24 2017
ボートを車に乗せることにできるようになり、ボートを引き取りにいざ宮崎から大分へ。行きは高速道路で夜の道でした。なので大分に着いた時に、ルーフキャリアを点検してみると虫だらけ!  車のライトにも虫の死骸が・・・。

大分に泊まって日曜の朝、ボートを取りに。

そこには、、、真っ白なボートがありました!

その場で命名、しろ丸


ボート 作成用0015
業者の人に手伝ってもらいボートを車に乗せることにも成功しました。業者の方はとにかく、慣れた手つきで力もあって早い。しかも車から落ちないようにロープで固定もしてくれました。業者の人、本当にありがとう。


そして大分から下道で帰る予定でしたが、付けてくれたロープがあまりにきつく頼もしいので高速道路で帰ることに。高速は怖くてのろのろ運転でしたが無事帰ることができました。
















しかし、問題はここからでした。
ボート 作成用0009 ボート 作成用 0010 ボート 作成用  







ガールはあの時、ボートを運ぶあの時、
横で見ているだけでした(証拠↓)
2017-07-12_170255.png 



ボートの重みがわかっていなかったので持ち上げることができず・・・結局ボーイだけで降ろしました。50kg相当のボートは一人では容易には上がりませんでしたが何とかボート置き場に置くことができました。







その後、二人で相談。
ボート 作成用 
ということで筋トレを二人で開始。
調べてみると20kgもガールは持ち上げられないことが判明。
かつ握力も15kg程度(えっ・・・)。


ボート 作成用0013 
二人で筋トレの日々がスタートです。
今度船に乗るのはガールが持ち上げれるようになってから!?
次回はボートのご紹介です。






innoシリーズでボートを車に乗せてみた 3(アタッチメントプロin420 装着)  【免許不要二馬力エンジン・8ft FRPミニボート】

プロフィール
07 /17 2017

前回のスクエアベースの上に、

前に購入したボートアタッチメントプロ in420を装着していきます。ローラーとクッションですね。

これを付け加えることでボートがより楽に乗せることができます。




e.jpg 
ボート 作成用 - コピー



この部品は、ローラークッションベルトでボートを固定します。ベルトで強く固定できるので、ボートだけでなく、脚立やその他の物も乗せることができます


基本的に、ベースのバーにネジで固定していくだけなので、細かい作業の説明は割愛します。(大まかな図↓)

2017-07-06_174048.png 




下の写真のように、クッションとベルト固定用部品をねじで固定します。2017-07-06_172548.png 

017265e6514bedc9696d7f8a9a68e744a0cdffc590.jpg 

↓が完成図

01b37356f88934872171077485e0e1ac798ae3d387.jpg 11.jpg 12.jpg これで完成です!



ボートを乗せるときは車のバックから乗せます。

2017-07-06_182820.png 

実際にボートを乗せました↓

der.jpg 

乗せるのは大変でした。乗せたあと、さらにベルトで固定して完成です。



上からベルトをします。↓

012e923aedc996d420a1ebbdef1b1511e97a8011b9.jpg 

ラチェット(手で持ってる丸いもの)を回して、ベルトをしっかり固定

019e8a1e99ebb7c2e4ca6d468ab9e64cd303f29266.jpg 

012a2f1ba026dab9d5c9f72e4a748f79a282ab33dd.jpg写真ではベルトがひねってますが、実際はまっすぐにして固定します。 


実際、ボートを乗せるのはしろボーイがほぼ一人でやりました。

次はその時の話を描いていきます。

つぎ→4話 ボートがのらない!?






スイカを育てよう2 ネコだ・・・ネコに違いない・・・

野菜づくり
07 /12 2017
一ヶ月、すくすくと育っていたスイカでした・・・。
01f5b3190aaa6eaf5be1e4b6b2ea1fa7876bed3063.jpg 
あああ・・・・食べられてる・・・
あと1週間くらいで収穫予定だったのに・・・。
このスイカは中が黄色くなる特殊なスイカなので中身は黄色でいいんですが・・・
01647a06c03461252d91b3d4984c818b8a875b7cbc.jpg 
この爪跡・・・
017f50b4f8eb8bfa555cec67066d0a32de2c2a49f4.jpg 
2017-07-12_163315.png ノラだ・・・ノラネコに違いない・・・
ペットボトルを置いておけば・・・。
って思いましたが調べたら効果ないみたいなので
猫よけのニオイ成分を買ってこよう。
(それともカラスかな・・・)

くそう・・・8月に引継ぎでがんばろう









続きを読む

innoシリーズでボートを乗せてみた2 (ベース固定) 【免許不要二馬力エンジン・8ft FRPボート】

プロフィール
07 /10 2017

今回はボートを車に乗せるために必要不可欠な、ベースの装着について書いていきます。ベース装着には、ステー、フック、バーという3つが必要になります。

(車種によって異なります)

ボート 作成用

innoのスクエアベース=ステーのin-sut、バーのB117、フックのK234です。

(私たちの車のイスト用)

b.jpg c.png a.jpg


これらを車に装着していきます。

実際は車の上でやるとよいですが、この商品は下準備したほうが楽でしたのでその手順で書いてます。


①まずバーにステーを通します

1.jpg


②ステーにフックを通します。

2.jpg


③キープレートをさらに挿入

3.jpg


④高ナットを少し入れて仮固定

4.jpg

 

⑤フックをドアにかませつつ、高ナットを回してしっかり車に固定

5.jpg


⑥両サイド固定します。

6.jpg



⑦2本目も同じ手順でしっかり固定

7.jpg


⑧鍵がかけられます(この商品は高ナットを回すだけで、一応盗めてしまうため)

d.jpg

9.jpg


⑨これでベースの完成!


ここまでがベースを付けるまでの手順です。さらに細かい手順もありますが、一応概要だけ紹介しました。

ボートを乗せるには、これらベース(ステーin-sut、バーB117、フックK234)に両方からロープをくくるだけでも可能ではあるみたいですが、それでは初心者だからちょっと怖いです。ですので、ボートアタッチメントpro(in420)を購入しました。


ボートアタッチメントpro(in420)の装着は、次の記事にて書いていきます。

つぎ→innoシリーズでボートを車に乗せてみた 3(アタッチメントプロin420 装着)







スイカを育てよう1 摘果したスイカ

野菜づくり
07 /07 2017
ちょっと見ない間にスイカが受粉して実をつけていました。
IMG_0290.jpg IMG_0320.jpg 

ほかにもいくつか実がなってましたが、育てたい実の負担になるので摘果しました。ちょっと大きくなりすぎてしまったスイカの子供たちです。
IMG_0388.jpg 




このまま捨てるにはもったいないと思い、試しに切ってみました。
   パカッ
IMG_0391.jpg きれいな白色でした。これから赤くなるのにごめんね。
 この子たちは食べれないので家のミミズコンポスト君のエサとなりました。 



スイカ畑にたくさんカマキリがいます。
IMG_0292.jpg IMG_0297.jpg 「なんや?」

害虫を食べてくれたらと思って放っておいてます。

今年こそ甘いスイカができるように頑張ろう