ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

ザリガニの赤ちゃんは2回脱皮することで大人の姿になります(動画・写真付き) 

ザリガニをふやしたい
11 /26 2017
この記事はザリガニのつがいの飼育から、生まれた子供を育てる過程を観察するお話です。ザリガニが産卵し、あかちゃんが生まれて少し成長したので動画にしました。【ザリガニをふやしたい 】6回目です。



生まれた当初は頭でっかちで、泳ぎもへたくそなザリガニでした。お母さんと比べるとやはりその大きさもかわいいものです。約7mm。
SnapShot(5).jpg  SnapShot(6).jpg 



しかし、朝起きて水槽を見てみるとたくさんの脱皮した皮が、水面近くに浮いていました。SnapShot(7).jpg 
 ザリガニは孵化→お母さんの腹にくっついて2回脱皮→外に出て行くという成長を示し、今回は2回目の脱皮が行われたようです。つまり、脱皮後のザリガニは、みな母親を離れ、水槽が赤ちゃんだらけになりました。
 SnapShot(10).jpg 


今回は新しい試みとして、ザリガニに【イエローマジック】というエサを与えてみたいと思います。この【イエローマジック】というエサを使って、ザリガニを黄色にできないかやってみます。このエサは、本来はすでに色固定してある白ザリガニ→黄色に、青ザリガニ(フロリダブルー)→緑色にするエサです。

 ザリガニは青く変色することが一般に知られていますが、それはザリガニの赤色素がなくなるために発生します。しかしサバ、アジなどの魚介類を給餌し続けると青くなるというのは、ザリガニにとっては一部栄養失調を引き起こすため、場合によっては死に至ります。
SnapShot(11).jpg 
 そこでこのエサを使います。このエサはザリガニに必要な栄養をすべて含んでおり、その上でザリガニの体色を変化させる効果があります。このエサの説明では、普通のアメリカザリガニでは、効果はほとんどないと記述されていますが、子供のうちから給餌するとどうなるかわからないので、試してみようと考えました。今後はザリガニの成長とともに、体色の変化があれば報告していきたいと思います。
SnapShot(12).jpg 
さっそく与えてみました。今後は何色になるのかなぁ・・・?







ザリガニをふやしたい一覧は↓です。
1.ザリガニのおうちおうち (7)
2.産卵が近い?セメント腺SnapShot(49).jpg
3.ザリガニが産卵しました2017-10-24_123738.png
4.ザリガニの卵色の変化2017-11-08_144004.png
5.ザリガニのあかちゃん 2017-11-08_185939.png
6.赤ちゃんの成長観察 SnapShot(8).jpg
7.ちびザリガニの成長SnapShot(10).jpg





スポンサーサイト



【引き締まった身がこりっと食べれる】 スズキの洗い(簡単・動画付き)

魚の料理
11 /24 2017
この前釣ったスズキで洗いを作ったのでご紹介します。洗いは簡単に作れる上、刺身よりもコリッと引き締まった歯応えになるのでやみつきになります。下に手順の動画として紹介してます。




動画を見るのが面倒な方のために、記事にも同じ内容を記載しています。


用意するもの
スズキの洗い
スズキ1尾、氷(いっぱい)、調理酒(大さじ1)

土佐醤油
濃口醤油(100ml)、鰹節(2g)、みりん(大さじ1)、調理酒(大さじ1)




手順
①土佐醤油を作る
②スズキを捌く
③切り身を氷水でしめる
④カボスですだちを作る(オプション)


①土佐醤油を作る
 なべに濃口醤油100mlを入れ、そこにみりん(大さじ1)、調理酒(大さじ1)を加えて強火で沸騰させます。沸騰したら鰹節2gを入れ、弱火でトロッとするまで熱します。その後冷蔵庫で5時間ほど放置するのがいいみたいです。土佐醤油はこれでOK、あとは使うときに醤油を濾すだけです。
2017-11-07_203354.png 

②スズキを捌く
 スズキを下処理して内臓を取っていきます。今回のスズキは小さいので簡単に捌くことができました。大きいとこうはいかないでしょう。3枚におろしたら、皮を引き刺身より少し大きいくらいになるように切っていきます。
 2017-11-07_203459.png 

③切り身を氷水でしめる
冷水に調理酒(大さじ1)をいれ、そこに切り身を入れて臭みを取ります。
2017-11-07_203543.png 
軽く混ぜ、しばらくすると水が白く濁ってくるので、濁ったら水を捨て、氷水に漬けて白くなるまで待ちます。
2017-11-07_203611.png 

④カボスですだちを作る
これはオプションですが、カボスを輪切りにして中に切り込みをいれ、手でひねるとすだちの完成です。
2017-11-07_203632.png2017-11-07_203654.png 

おまけでハゼの天ぷらも作りました。今回はぴりっとするように最初にカレー粉をかけています。こうすると揚がった後にカレーの香ばしい味が楽しめます。
2017-11-07_203826.png2017-11-07_204124.png 
 





後はお皿に盛って完成です。
275.jpg 280.jpg


キレイに撮影するのって難しいですね。結構簡単に作れます。スズキじゃなくても鯛、ヒラメなど、油の少ない魚が洗いは向いているので、スーパーで手に入ったら洗いにしてみてくださいね。



このサイトでは、魚料理の手順を動画で紹介してます。こちら(↓)から料理一覧が見れます。





Deeper pro+を使って鯛が釣れました

Deeper Sonar
11 /22 2017
Deeper Sonarのpro+を使ってボート釣りをしたところ、マダイが釣れたので動画にしました。



Deeper Sonarは、キャスティングが可能な最近有名になってきた魚探です。この丸い玉が、iphoneやipod,ipadにwifi接続して、釣り場で使うことができます。GPS機能があれば堤防や港などの地形も調べることができます。
2017-11-22_093404.png 
今回は宮崎県の漁港から出発です。
2017-11-22_093754.png 

最初につれたのはカサゴ。このサイズはリリースサイズです。
2017-11-22_093957.png 


その後少し強い引きがあったのはアカササノハベラ。このサイズなら揚げ物や南蛮にすればおいしそうです。
2017-11-22_094014.png 

後キタマクラ。この方は食べれません(笑)


そして最後にマダイ。私達はこのサイズは釣ったことがないのですごい引きだったみたいです(^^)
門川の釣り サムネ 

釣りが終わって帰った後に、Deeperで魚の様子を確認しました。
この表示は簡易プレビューなので、高性能プレビューにすればさらに詳しい水中内容を確認できます。
2017-11-22_093904.png 2017-11-22_094233.png 
今回は良い釣りをすることができました。Deeper Sonarは釣りが終わった後もいろいろ確認して釣れた場所、時間を検証することができるので、よかったら試されてたくださいね。






【クリスマス限定】 Deeper pro+の特典でヘッドライトが無料でついてくる!

Deeper Sonar
11 /22 2017
今の期間だけ(2017年 クリスマス限定)、業界最高機能のキャスティングできるソナー(魚群探知機)「DeeperPRO+」ご購入の方に、高品質アウトドアギアメーカーPetzl(ペツル)のTIKKAヘッドライト( 3,976円相当)を無料特典としてプレゼントします。 
ギフト 
ライトの明るさは100ルーメン、照射時間最大180時間。釣りはもちろん、キャンプや非常用など幅広く活躍してくれる優れたライトです。 釣り人へのプレゼントとしてまさにピッタリのギフト。 


無料特典は数量限定です。 

2017-11-22_084336.png 
ご購入はこちらから


 Deeper Sonarは魚探でありながらキャスティングができるという世界に類を見ないものです。その使いやすさと性能から、これまでに数々の賞を受賞し、世界で最も人気のある魚群探知機としての地位を着実に築き上げています。2016年のはじめには、国際的にも権威あるCES 2016イノベーションアワード(ワイヤレスハンドセットアクセサリ部門)を釣具として初めて受賞しました。
deeper (5) 
 また、中国で開催された China Fish 2016においては、Deeperがベストエレクトロニックデバイスに選出されました。世界初のキャスト可能な魚群探知機のDeeperは、オーストラリアのナショナルトレードショーでも、価値ある賞を受賞しています。独創的なボール型のデザインは、フィッシュアラスカ、アングラーズメール、PCマガジン(ロシア版)のエディターチョイスにも選ばれています。

Deeper pro+は、お使いのiPhoneとwifiで繋いで釣り場で簡単に見ることができます。iPhoneにGPSがなくても、Deeper PRO+ならGPS初期内蔵なので、マッピングを自ら行います。釣り場の水深、水温だけでなく、海底の地形、泥、砂、岩、海草なども、ひとめで確認可能。
 2017-11-22_084651.png


 さらに最近は、調べた釣り場の地形を無料の【レイクブック】で、PC上で確認することもできます。一日の釣りを帰ってから復習し、次の釣りに繋げるのに最適です。

 いつもの釣り場も、Deeperで調べてみたらよく釣れる場所がわかるかもしれません。この機会に一度、いつもの釣りに取り入れてみてはいかがでしょうか。
2017-11-22_085959.png 

ご購入はこちらから行えます。
これからも釣りを楽しんでいきましょう。





生まれたばかりのザリガニの赤ちゃんを撮影できました(動画つき)

ザリガニをふやしたい
11 /19 2017
この記事はザリガニのつがいの飼育から、生まれた子供を育てる過程を観察するお話です。ザリガニが産卵し、卵の色が変わってついにあかちゃんが産まれたので、その様子を撮影しました。【ザリガニをふやしたい 】5回目です。




ザリガニの赤ちゃんは、卵から孵ったばかりの頃はとても頭でっかちでザリガニなのかな?という形をしています。動画にもあるように、しっぽ部分が小さいというのでしょうか、とにかくアンバランスです。
2017-11-08_185815.png 


このアンバランスの状態は次に脱皮するまでで、脱皮後は普通のザリガニのような姿をします。こうなると自分でエサを取るようになるし、一人で生きていけます。
2017-11-08_185744.png 

しかし、脱皮前に親元を離れたり、親が子育てを放棄して、親自身が脱皮したりすると、子供は育つことができなくなるようです。一応人工的に清潔な環境を作ったりして脱皮まで世話することはできるみたいですが、今回はそういうのはしません。


私の水槽の中でも、残念ながらはぐれてしまった子が1匹いました。
2017-11-08_185845.png
2017-11-08_185939.png 
自ら脱皮して子供になれるのを見守ります。元気な子に育ってくれ。







ザリガニをふやしたい一覧は↓です。
1.ザリガニのおうちおうち (7)
2.産卵が近い?セメント腺SnapShot(49).jpg
3.ザリガニが産卵しました2017-10-24_123738.png
4.ザリガニの卵色の変化2017-11-08_144004.png
5.ザリガニのあかちゃん 2017-11-08_185939.png
6.赤ちゃんの成長観察 SnapShot(8).jpg
7.ちびザリガニの成長SnapShot(10).jpg





大淀川(宮崎県)でハゼ釣り ハゼやスズキ、クロダイが釣れた!

ふつうの釣り
11 /17 2017
しろボーイです。10月の台風が過ぎて、やっと釣りをするタイミングに恵まれたので大淀川に行ってきました。目標はハゼ釣りです。動画にしたのでこちらに。










今回の釣りは台風の直後だったのでえらく川が濁っていました。
2017-11-07_195145.png 

川の濁りはあったものの、干潮だったのでテトラの隙間からキスの仕掛け張りを落としてハゼを目標に釣りを開始。

少しして、ボーイがクロダイを釣り上げます。クロダイという魚、実は地方によって呼び方がいっぱい!
2017-11-07_195338.png 2017-11-07_193932.png 
写真のようにいろんな呼び方があります。
これだけあれば正直なんと呼ぼうともいいような(笑)
今回はクロダイと表記しました。

しばらくしてボーイがもう一匹釣ります、これはハゼ、しかしなんか体の形状からホントにマハゼ??な魚でした。いったいこの魚は何なのでしょうか。知ってる方いたら教えてください。
2017-11-07_195214.png 



ガールが釣り上げました、スズキです。スズキは丸スズキと平スズキがいるみたいですが、おそらく両方とも平スズキだと思われます。(アカメでもないだろうしなぁ・・・)
2017-11-07_195511.png 
スズキは川の魚だと身が臭くて食べれないと言われてますが、今回釣った魚はとてもキレイで臭くなかったので洗いにしました。動画では触れてませんでしたが、クロダイも洗いにしました。両方とも小さかったのでちょっとかわいそうかもですが、おいしく頂きました。

今回はこんな感じで終わりです。ハゼ釣りでした。
次はさかなつり師さんとボート釣りに行きます。





アメリカザリガニ 産卵の様子から、卵の色の変化までを動画にしました

ザリガニをふやしたい
11 /11 2017
この記事はザリガニのつがいの飼育から、生まれた子供を育てる過程を観察するお話です。ザリガニが産卵し、卵の色が変わってきたてので、その様子を動画編集しました。最初は紫色だったのが、だいたい10日後から目に見えて色が変わってました。【ザリガニをふやしたい】4回目です。

※卵とか見るのが苦手な人は注意してくださいね。



色が変わると、卵の中にザリガニの赤ちゃんがいるのがわかります。たまに中でくるりと反転する様子も確認できます。残念ながら動画では撮れませんでしたが。


 

産卵から3日後
2017-11-08_144004.png 

10日後
2017-11-08_144151.png 
13日後
2017-11-08_144209.png 
16日後
SnapShot(101).jpg 

とこんな感じでした。

この後、卵が孵化した様子も紹介しています。

1.ザリガニのおうちおうち (7)
2.産卵が近い?セメント腺SnapShot(49).jpg
3.ザリガニが産卵しました2017-10-24_123738.png
4.ザリガニの卵色の変化2017-11-08_144004.png
5.ザリガニのあかちゃん 2017-11-08_185939.png
6.赤ちゃんの成長観察 SnapShot(8).jpg
7.ちびザリガニの成長SnapShot(10).jpg





ヒイラギ(エバ)をおいしく調理したらとんでもなくまずかった 

魚の料理
11 /10 2017
こんにちは、今日はヒイラギをおいしくしたはずがとんでもなくまずい料理になってしまったのでご紹介します(笑)



 今回は、ヒイラギはあら汁、酒蒸しにしてみました。どちらも臭みを取るために塩〆、霜降り(お湯に浸す)、酒〆など試みましたが、どうやら効果はなかったようです。とくにあら汁は絶望的な味がしました。一体なぜなんだろう・・・。やはり怨念でしょうか。


一応その手順を下に書いておきます。
          あら汁
①ぬるぬるを取るために塩を振る
ヒイラギは最初からすごいぬるぬるしてるので、まずこれを取るためにたくさん塩をふってぬるぬるを取ります。多分こうしないと調理すらままなりません。そしてこれは臭みの元になるのでしっかり取らないとだめです。(取ってもだめでしたが)




②ヒイラギを捌く
ヒイラギを3枚におろしていきます。そもそも小さいので、指を切らないように注意してください。おろした頭と中骨はあら汁に使うので捨てずに取っておきます。頭は半分に切りおとします。そうすることであら汁としてのダシが出やすくなります。
SnapShot(71).jpgSnapShot(72).jpg 


③捌いたら塩をなじませる
 臭みを取るために塩を大さじ1くらい入れなじませます。10分もすると水分が抜けるのでそれを捨ててます。これで臭みも一緒に抜けていきます(はずでした・・・)。
SnapShot(73).jpg 



④80℃の湯で霜ふりする
塩の後は80℃の湯をたっぷり入れ、身が白くなるまでかき混ぜます。これで臭みも同時に抜けていきます。身が白くなったら、湯を捨てます。
SnapShot(74).jpg 


⑤昆布だしをひいた鍋に敷いていく
昆布は半日だしを取り(1Lほど)、その上に先ほどのヒイラギをいれ、酒を120ml入れます。後は中火で沸騰するまで待ち、沸騰したら弱火で煮込みます。ねぎ、醤油を少し加えて、味を調えます。あら汁は以上です。
SnapShot(75).jpg 



酒蒸し
①長めにねぎを切り、皿にしく
 ねぎを切ってお皿にしきます。SnapShot(78).jpg

 このときお皿は、鍋に入るような大きさにします。ヒイラギをねぎの上に置き、さらに酒を大さじ2入れます。本来は蒸し器を使って調理するのですが、今回は鍋に直接お皿を敷きました。これでも作れます(他の魚種では)。
 

②20分ほど蒸す
弱火で沸騰するのを保ちながら、20分ほど蒸していきます。酒蒸しはこれで完成です。SnapShot(80).jpgSnapShot(81).jpg 




完成! ヒイラギの酒蒸しあら汁


238.jpg 

とってもおいしいとおもいきや、圧倒的な生臭さによって食べるのを断念せざるを得ない味でした。一言でいうと、【怨念の味がする】です。動画の方がまずさが伝わると思います。

酒蒸しはなんとか食べれましたが、あら汁は無理です。きっとヒイラギがこれ以上仲間を釣って食べるなと、釣ったらリリースしろと、そう言っているようでした。もう食べません(笑)



このサイトでは、魚料理の手順を動画で紹介してます。こちら(↓)から料理一覧が見れます。





秋の絵を描きました (宮崎県小林市 のじりこぴあ)

イラスト
11 /10 2017
宮崎県小林市、野尻湖が紅葉したら、というイメージで描きました。実際はここまで紅葉はしないみたいですが、こうなったらキレイだろうなぁと思って描いています。山の紅葉の感じが、描くのが難しかったとこです。
新規作成用 ボート20 

ここはカエルがたくさんいる場所なので、木の下に気持ちカエルを置いてみました。
カエルといっても置物ですが(笑) "宮崎県 のじりこぴあ"で調べると、カエルがたくさんでてきます。





【薬味とイワシでピリッとうまい】なめろの作り方 (動画付き・魚料理のレパートリーを増やしたい方へ)

魚の料理
11 /03 2017
 イワシが手に入ったら作ってほしい料理で、お酒のつまみにぴったりです。イワシは酢〆、なめろ、刺身とどれでもおいしいですが、とりわけおいしいと思います。時間も手間もそこまでかからない料理なのでぜひ試してみてください。



"なめろ"とはおいしくてお皿までなめてしまうという意味だそうてです。魚の刺身に味噌、香料を加えて臭みを消していただく料理で、味噌を変えることによって味がかなり変わる独特の料理です。今回はイワシ(ウルメイワシ)を使用しましたが、魚によっても味が変わるのでいろんな魚で試してみたい料理です。

プロじゃないので詳しいことまでは書けませんが、この手順でやればおいしくなるというやり方で書いています。動画を見るのが面倒な方のために、記事にも同じ内容を記載しています。


用意するもの
イワシ    1尾
味噌  小さじ2
大葉  3枚
ショウガ  1/4本
薬味ねぎ  1本



手順
①薬味系を切る
②イワシを捌いて小さく切る
③薬味とイワシを混ぜる
④よりにんじんを作る(オプション)


①薬味系を切る
 大葉は軸を切り、重ねてくるくる巻いて1mm幅になるように千切りにしていきます。
なめろおろし(8) 切った大葉は水に浸しておくことでアクが抜け、色合いがよくなります。ねぎも同じく1mmくらいで輪切りにしていきます。ショウガもすりおろすか、みじん切りにします(今回はチューブを使用しています)。


②イワシを下処理して小さく切る
 イワシを下処理して内臓を取っていきます。今回はイワシが手で捌けるということがわかったので手で捌いています。

なめろおろし(9) 

3枚におろしたら、刺身の半分くらいになるように切っていきます。
なめろおろし(10) 切り身が臭いかなと思う方は、湯引きをするか、調理酒をかけて少し待つと臭みが消えます。



③イワシと薬味を混ぜる
イワシに先ほど切ったねぎ、大葉、しょうがをいれ、均一になるよう混ぜます。混ぜたら、味噌を入れます。なめろおろし(6) 今回は【液状 生きてる味噌】を入れました。味噌は味が濃く、一度に入れると失敗するので、少し入れて混ぜて味見、少し入れて味見というやり方が失敗しないと思います。味が整ったら冷蔵庫で30分ほど寝かせます。


④よりにんじんを作る(オプション)
これが一番難しかったです。にんじんを外側から1mm幅になるように皮むきの要領で切ります。SnapShot(57).jpg 


切って10cmくらいになればよりにんじんを作れます。きったらそれを斜めに切り、1cmくらいの幅になるようにします。
SnapShot(59).jpg 
できたらそれを細いもの(箸など)に巻いて、手で押さえて30秒ほど待ちます。
SnapShot(60).jpg 

押さえると形ができるので、今度は反対向きに箸に巻いて完成です。SnapShot(61).jpg 




後はお皿に盛って完成です。
なめろおろし (5) 


イワシの臭みが消え、味噌がイワシをまろやかに、ショウガとネギがピリッと辛さを引き立てます。簡単に作れてとてもおいしいのでぜひ作ってみてくださいね。

このサイトでは、魚料理の手順を動画で紹介してます。こちら(↓)から料理一覧が見れます。