ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです
SnapShot(772w3e33e3).jpg

ミニボートをカートップ(車上に乗せる)するために、ウインチ(巻き上げる道具)を使ってみました

ボート器材紹介
06 /17 2018
しろボーイです。4月はボート釣りの準備、結婚式などで忙しかったので、なかなか釣りにいけなかったです。中でも、ウインチ(強い力で牽引、引っ張る道具)を使ったボートの搭載を考えるのに時間がかかってしまいました。

(私達のボート↓)
01d18e69aaaae96c37f92019bbb6ebf466ae2a527c.jpg


 今回のウインチの話ですが、私達はボートを車の上に乗せる、"カートップボート"として海にボートを運んでいます。車に乗せると写真のようになります。
der.jpg 

このようにして車で運んでいます。

しかし・・・乗せおろしの際・・・
ウインチの記事(1)2018-4-28 


あまり力が無い私と、かつさらに非力な相方でして、ボートをほぼ私一人で車上に載せています。前までボートは52kgと言ってましたが、正確に測ったら62kgでした・・・。車に乗せるのが正直しんどい・・・。

なんとかボートを楽に運ぶ方法を考えていました。そしてたどりついたのが、このウィンチです。このウインチは車の電源12vで動かすことができる牽引装置です。

【7500円くらいで売ってます↓】


 これを使ってボートを引くことで、車の上まで乗せることができます。(少しアシストと、自作した"船のせ君"が必要でしたが)

船のせ君 2018-6-10 (2)ウインチで船上げ 2018-6-27 (4)ウインチで船上げ 2018-6-27 (3) ウインチで船上げ 2018-6-27 (1) ウインチで船上げ 2018-6-27 (2) 


これで人の負担は大幅減少!という流れです。実際かなり楽に乗せることができるようになりました。





 そしてもう一つ、大きな問題も解決してくれることになりました。
ボートを乗せるときは普通、車に対して裏向きに乗せます。

ウインチの記事2018-4-28 (2) 
しかしこの方法だと、一度すべての荷物を車内に入れて、そして釣り場に行ったらそれをボートに乗せ直して、そして帰るときに車内に入れて・・・と、意外と大変な労力です。特にエンジンを車内に入れるときは重い上に、ガソリンの臭いが車中に渡るので(ガソリン充填時)、少し臭いです。さらに現場で船を反転させて、帰る時にまた反転・・・と、これも結構疲れます。

というわけでこれらを解決するために・・・
ウインチの記事2018-4-28 (3) 
表向きにしました。これ、たぶん普通の方法だと乗せれない(乗せにくい)です。ウインチがあってやっと乗るのではと思います。船が表向きだと何が良いかというと、『荷物をある程度乗せた状態で』出発することがてきます。まず2馬力エンジン、この存在が結構大きいです。あと竿のせや、オール、ライフジャケット(要固定)なども乗せて置けますし、現場で船を反転することなく、そのまま海にゴーできます。
ウインチの記事2018-4-28 (4)
もちろん船に荷物をのせた状態だと、車での移動は危険なので、しっかり落ちないようには配慮します。法律上(道路交通法)の規制も調べましたが大丈夫かと思いますのでこれでやってみます。また、ルーフキャリアの許容最大重量を超えないようにする必要があります。ですが、それがクリアできるとかなり楽にボートを運ぶことができます。ボート釣りのご参考になれば幸いです、時間とお金が許せば作ってみてくださいね。


ウインチの配置場所などの、少し詳しい構造はこちらの記事です。
後ろの自作ローラー乗せ(船のせ君)の構造はこちらです。
カートップボートを表向きでやりたい!自作ローラー作成






↓ここからは余談です↓


実はウインチを選んだのは、いろいろ考えた結果でした。
ボートを運ぶのがしんどいとわかって、どうしようかとなったとき、思いついたのは以下の方法でした。
①係留
②ボートトレーラー
③ゴムボートへのシフト


まず思ったのは①係留でした。
係留とは、港に船をロープで結んでおいて停めてある、あれです。
これをしようと思いました。せっかくのFRPボートですし、港においておけばすぐに出発できるじゃないか! ・・・と。
でもミニボートを係留するには厳しい理由がありました。(ちょっと理由が長いので、お手数ですが↓の記事を参考にしていただけると幸いです)



次に②ボートトレーラーを考えました。
(750kg未満のトレーラーであればけん引免許は必要ありません)

↑のような感じで車の後ろにつけ、車でボートを牽引します。これならボートが表向きで、荷物も載せたままで、現地についてもすいーっと下ろしてとっても楽です。よしこれにしようと思いましたが、思いとどまりました。かなり魅力的で理想的ですがちょっと料金が・・・。まず、


トレーラー本体・・・18~30万円
ヒッチ・・・・・・・5万
取り付け工賃・・・・・8~10万
車検手続き・・・・・依頼だといくらか掛かるみたい
2年に一度の車検・・・1.5万くらい


という感じです。初期費用が30~50万くらい? またトレーラーは自動車扱いみたいで、かつ車検を通す必要ありで、1回/2年の車検です。少し・・・財布が・・・。ちなみにウインチだと周辺器材含め3~4万円くらいでなんとかなりました。

もう一つ問題が、トレーラーをつけたままだと、コンビニなどに停めにくいです。そして細い路地にも行きにくいです。私は家が細い路地にあるので、ちょっとこれだと大変です。

というわけでボートトレーラーは断念。



最後に③ゴムボートへのシフトです。これは結構考えたのですが、せっかくFRPボートの【しろ丸】を買ったのに、それはないだろうということで、却下。いろいろ模索して「車ジャッキみたいに船が上がればいいのでは!?」と思い、それが少し変わってウインチとなりました。



この結論にたどり着くまで結構長かったですが、ウインチにしてよかったです、低予算ですし。DIYがすこしできれば作れるので、もし機会があれば試してみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

Re: No title

こんにちはあおまるさん。
カートップだといろいろ準備するものもあるので大変ではあります(^^;)

FRPのよさをなんとか発揮したいなぁと思って表向きでのカートップボートにしてみました。
浮かべた後は快適ですね(^^)

No title

こんにちは、しろボーイさん。
いろいろと考えておりますね、カートップは大変ですもんね。
私もゴムボを考えた時があったのですが、メンテが面倒くさそうであきらめました。
FRPのほうが浮かべてしまえば広くて快適ですもんね。

Re: 素晴らしい発想ですね

こんばんは飛竜丸さん。以前お伺いしたかもしれません・・・が記憶あいまいです・・・(笑)

カートップボートされてたのですね、おっしゃる通り、空っぽにするのが大変でした。私も最初裏向きでやっていましたが、表向きにしたら簡単だろうなぁという淡い願望から、なんとかそれが可能になりました。まだ改善点があるのでそちらもがんばりたいです。

運転中はのろのろ運転になりますが、現地についてからとても楽になりました。

Re: タイトルなし

さかなつりしさん、確かにそうかもしれません。でも、高いのです!(><;)

Re: アイデア勝負ですね!

こんにちはめんだこさん。最近は台風や雨で釣りに行けずもんもんとしています。主にカヤが・・・(笑)


そういっていただけてうれしいですm(_ _)m
正直、自分で見ても謎の装置です(笑)

3回くらい失敗しまして、その後改善点を直していってたらあんな良くわからない装置になりました。
でも自分で作ってだいぶ時間がかかったので、愛着を持って"船のせ君"と呼んでいます。

ですがこれだけ使って船を乗せようとすると、重いためウインチのヒューズが切れてしまいました。
ですので少し船尾を押してあげる必要があります。

トレーラー高いですよね(><)
私も調べてびっくりしました。ちょっと手が出なかったので断念しました。

アイデア勝負ですね!

そらさんこんばんは☆彡

これはまた画期的なアイデアです!
以前記事で紹介されていた謎の?製作途中の器材がこれだったのですね。
どういうふうに使うのか全く想像できませんでしたがなるほど、これはボートの上げ下げが楽になりそうです。

船のトレーラー、けっこうなお値段するんですね。
しかも車検アリとは。
これでは便利でもちょっと手が出しにくい気がします。

大丈夫。そんだけのもの作れるなら、多分ヒッチメンバも自分で取り付け出来ます。

素晴らしい発想ですね

こんばんは。はじめまして。わたくしもカートップやゴムボ時代が長かったので、苦労や工夫のすばらしさ、よくわかりますよ。
なかなかできない発想です。おっしゃる通り、船の中を空っぽにして裏返しの工程がきついんですよね。特に夏場は^^;

今はいいラチェットベルトもありますからありでしょう。
飛ばす気にはなれなくても、ユニークだと思います。