ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

フォールディングアンカーの、引っかかる仕組み(イラスト付き) 

ボート器材紹介
10 /26 2018
こんにちは、今回は岩場の上で釣りをする時に使う、フォールディングアンカーについての記事です。フォールディングアンカーは海底が岩場の場合によく効き、使われるアンカーです。

岩場の場合はフォールディングアンカーが向いているので、それを下ろして海上でボートを固定し、釣りをしています。

01dee5acf82f319f25c1a0051ad64c7a44862fe651.jpg
フォールディングアンカー(閉じてる状態)


01094ec2e42f8bf0545f992b83b7842a08d3089d27.jpg フォールディングアンカー(開いてる状態)

フォールディングアンカーは、このフックで岩場にひっかけ、固定するという仕組みです。なお、アンカーは船首から下ろすのが基本です。理由は、船首じゃない場所で固定すると、横波を受けて揺れが大きくなったり、転覆しやすくなるからです。
アンカー 2018-11-9 (1) 

付け方なのですが、アンカーの先端にチェーン(もしくはロープ)を付けて↓
01fd99cc0add48c958cef8c9fd1162317b6c27bede.jpg 


下の穴にチェーンをくっつけてた状態でアンカーを落とします。
01e5624745a1c0748bd13899eb28c5a6afec42c1dd.jpg
↑の写真では下側の穴とくっつけるのをインシュロックという結束バンドを使用してます。なぜ結束バンドなのかはページ下部リンクをご参照ください。




アンカーはなぜチェーンなのか?
このフォールディングアンカーを使用する時は、アンカーに付けるのは通常はチェーンです。大きな船、ボートではチェーンにアンカーを付けているのを目にしますが、これはチェーンによって船を動かしにくくしているのです。アンカーの"たゆみ"が、船を動かしにくくし、またアンカーに急激に力が加わらないような干渉役にもなっています。

チェーンの場合↓
アンカー 2018-11-9 (7) 


これがもしロープだけの場合ロープは簡単に"たゆみ"がなくなります。
アンカー 2018-11-9 (8) 
そしてアンカーに急激に強い力が加わるため、船、ロープ、アンカーに大きな負担となります。ですので、アンカーにはチェーンを付けるのが望ましいとされています。また、フォールディングアンカーを砂地の海底で使う場合も、チェーンを使ったほうがアンカーとしてよく効き、船を海上で固定しやすくするみたいです。


そして、チェーン(またはロープ)は、海底の深さの3~5倍の長さを出しておきます。これは、アンカーが重さで船を固定するのではなく、岩などにひっかかって、その力で船を固定するためです。もしチェーンの長さが深さぶん、つまり垂直に伸びているだけでは、アンカーは岩にひっかかりません。そのため、アンカーをしっかり岩や砂にひっかけるために、ロープは水深の3~5倍の長さを出しておくことが重要です。
2018-02-16_184716.png 

アンカーが落ちたポイントから、船は波に向かって左右に揺れます。
2018-02-16_172347.png 
ロープを長く出していれば、それだけ船の揺れ幅もひろがります。
2018-02-16_184632.png 

 アンカーにつなげてるチェーンの話に戻りますが、私たちが使っている小型のミニボートでは、そこまで大きな力は加わらないので、チェーンを使わず、ロープだけくっつけています。実際いまのところロープだけ付けてても問題ありませんし、収納に関してチェーンが無いお陰でスムーズです。私は↓のようにロープとアンカーを収納しています。
01d8e6a6819f71cbf846fffee5062a16114d77e4c0.jpg 
なお、砂地の場合はダンフォースアンカーを使います。





フォールディングアンカーはいろいろ重さがあり、0.7kg~10kg以上といろいろなサイズがありますが、海底が岩場の場合はよく効くので、2馬力エンジンくらいの船なら、1.5kg~2.5kgで十分かと思います。私のボートは人を合わせると200kg程度のボートなのですが、アンカーは1.5kg~2.5kgで十分固定できます。ですが海底が砂または泥の場合はチェーンを付ける、アンカーを重くする、ダンフォースアンカーにするなど配慮が必要になります。

以上、フォールディングアンカーの引っかかる仕組みでした。

ですが、このフォールディングアンカーを実際に使用するには、まだいろいろ工夫が必要だと感じてます。工夫については↓の記事をご参照ください。





読んで頂いてありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント