ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

フォールディングアンカーを根がかりさせない、ロック解除について

ボート器材紹介
11 /08 2018
フォールディングアンカーを根がかりさせない方法として、プラヒモという方法を紹介しましたが、↓
01e5624745a1c0748bd13899eb28c5a6afec42c1ddede.jpg 

もうひとつ、重要な要素がありました。これは根がかりの原因になりそうと思ったので書きます、情報元としては、こちらの記事(https://ameblo.jp/uozaru1315/entry-11270653454.html)を参考にしました。

市販のフォールディングアンカーは、たいていフックを固定するための固定オモリ(?)が付いています。↓のものです。
01357826298674573cf9d4aa70bff6d41a272f6174.jpg 

これのお陰で、収納する際に、"かさ"をしまっておけるのですが・・・
問題は、この状態で振動を加えると、ロックが解除されて↓のように下の"かさ"の方まで行ってしまうのです。
016d7a84141b3d4822fb934c28f28b52ec5ea47da3.jpg 
ここまで下がって、さらにここでロックされてしまうと、もう"かさ"が閉まりません。力を加えてもダメです。
0157e5668f4e912b7cad82b0e886487ba5d2ac01d5.jpg 
この状態だと、プラヒモで根がかり回避しててもかさが閉じないので、また根がかる可能性があります。以前フォールディングアンカーをプラヒモしてたのに根がかってしまったのは、これが原因だったかもしれません・・・。ロープに直接付けてるからかもしれないですけど・・・。ということで、ロックを解除したままにするために、
013e22f4c8aa40b8ee7e35f50dde1424673ac6dfea.jpg
結束バンド(インシュロック)を2つ使って固定しました。

これで下に落ちる心配はありません。
01a5c0c8e30e7206862d3d5ee695a03d027b149baa.jpg 


ただし、この方法だとフックがずっとひらきっぱなしで収納に不便です。私の場合はロープリールにオモリごと入れて収納しているので、あまり苦になりませんが、これをしないほうがいい場合もあると思います。
01d8e6a6819f71cbf846fffee5062a16114d77e4c0.jpg 

ボートや海上の状態によって使い分けてみてください。以上、フォールディングアンカーのロック解除についてでした。

ほかのアンカーの記事はこちらをご参照ください。

関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント