ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

悪魔の勘違い ショートストーリー  

ショートストーリー
02 /14 2019
こんにちは、谷口そらです。遅くなりましたが新しいショートストーリーができました。悪魔の勘違いです。


悪魔の勘違い マンガ_001 悪魔の勘違い マンガ_002 悪魔の勘違い マンガ_003 悪魔の勘違い マンガ_004 悪魔の勘違い マンガ_005 悪魔の勘違い マンガ_006 悪魔の勘違い マンガ_007 悪魔の勘違い マンガ_008 悪魔の勘違い マンガ_009 悪魔の勘違い マンガ_010 悪魔の勘違い マンガ_011 悪魔の勘違い マンガ_012 悪魔の勘違い マンガ_013 悪魔の勘違い マンガ_014 悪魔の勘違い マンガ_015 悪魔の勘違い マンガ_016_017 悪魔の勘違い マンガ_018 悪魔の勘違い マンガ_019 悪魔の勘違い マンガ_020 悪魔の勘違い マンガ_021 悪魔の勘違い マンガ_022 悪魔の勘違い マンガ_023 悪魔の勘違い マンガ_024 悪魔の勘違い マンガ_025 

















































--------------------ストーリー設定について--------------------------
最後のオチですが、過去の100円は相当高く、現代での価値はすごく少ないというオチです。が、実際調べてみると、1円の価格というのが現代の3800~1万倍らしいです。これは幕末から明治にかけての値段設定です。その設定だともし悪魔が過去に行ったら、100円=現代の30万円~100万円ぐらいという値になります。昔でも意外と払えるのでは? と描きながら感じましたが、すぐに払えと言われたら払えないだろうということで、こういう感じに。

あと悪魔の友達は昔の農民から魂を吸い取りました。貧乏だったので、すぐには50円払えなかったみたいです。 

悪魔のネックレスは魔界に帰ると100円になってます。

悪魔の友達の鼻歌は"北の国から"です。

女の人は大学生設定です。彼氏をとられて自暴自棄になり、部屋を散らかし、思い出の写真も割りました。普段は整理整頓ができるタイプです。



以上細かいところはまだありますけど、こんな感じのストーリーとなっています。楽しんでいただけたら幸いです。また来月に【最高の薬】を投稿予定です。

関連記事
スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

Re: No title

こんにちは梅の父さん。いつもありがとうですm(_ _)m

どこか抜けた悪魔が描きたかったので、あんな感じになりました。
ピアノは自作です。音楽探してたのですが、良さそうなものがなかったので、作って入れました。


独自のオチ、そんな感じです。なんというか一話完結で満足できるストーリーが個人的に好きなので、
最後にオチがあるストーリーを描きたいなぁと思って作っています。

出だし一緒でオチが違うのも面白いですね(^^)
もしストーリーでアイディアがあればコメントください(笑)
一人で考えるよりたくさんの方の意見があれば良いストーリーが練れると思ってます。もしあればで全然良いんですが(笑)

No title

ほのぼの、楽しいですね〜
ありがとうございます!

個人的には悪魔の独り言が気に入っております(笑)
そうそう、ピアノの音効は、もしや自作ですか?
これが綺麗にハマってたもので、気になって。。

サンタのお話といい、もしや。。
ありがちな話だけれど、独自のひねり(オチ)で作るということですかね!?
全く同じ出だしで始まり全く違うオチっていうのも、そのうち面白いのではと思いました。
すみません、勝手に(笑)

Re: 面白かったです!

こんにちはめんだこさん、いつもありがとうございますm(_ _)m

今度またマンガの形にしてブログや投稿サイトに載ようと思うので、そちらもお時間あれば遊びにきてみてください。
通貨単位は調べた限りではあれくらいの倍数ということでした。おとぼけ悪魔なら私のところもきて欲しいです(笑)


効果音こだわってよかったです。また楽しめる作品になるようがんばりますねm(_ _)m

面白かったです!

そらさんこんばんは。
新作拝見しました。
「願い事をかなえる代わりに魂を・・・」というのは昔からよくある感じですがいきなり魂を取るのではなく、お金が払えなければという前条件があるのが現代風ですね。
金額も100円なので以外と優しい悪魔だったりして、と思ったのですがそういうオチだとは。
物語の後半、仲間の悪魔の話から「江戸時代あたりなのかな?」と思いましたがよくよく考えると通貨単位が「円」ではないしブログを読んでなるほど、そういうことかと。
こういう悪魔ならわたしのところにも来てくれないかな(笑)

前作よりもさらに画面効果や効果音などこだわって作られているのが分かりました。
紙芝居というよりも普通にアニメを見ている感覚で良かったですよ!
次回も楽しみにしています。