ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

Deeper pro+に特典でドラム型防水バッグがついてくる 実際に砂とか水かけてみました

Deeper Sonar
07 /03 2019
こんにちは、谷口そらです。今回はDeeper pro+とドラム型ドライバックがセットで購入できる商品のご紹介です。今Deeper Pro +を購入すると特典としてドライバッグが付いてきます。
2019-8-5 ドライバック (2)
2019-8-5 ドライバック (7)


 Deeper Pro+は既に説明しているので、このドライバッグについてご説明します。 こちらの商品はもともとスマートフォンを水辺で使うのが心配だという方のために作られました。 
まずは↓スマートフォンを防止するためのケース、
2019-8-5 ドライバック (4)
そしてこの↓ドライバッグと両方が特典として付いています。
2019-8-5 ドライバック (5)




スマートフォン防水ケースはこんな感じに入れて、水に浸け込んでしまっても大丈夫なんです。口が広いので、 私のスマートフォンはカバーと一緒にいれても入りました。
0160c12070033c441acf431b48e88e19f6dca8d8ce.jpg





次にドライバッグについてのご説明。

このドライバッグは水に浸け込むのはアウトなんですが、外から水や砂がかかってもある程度防ぐことができる仕様となっています。また口の部分はこのようにチャックではなく丸めてスナップするタイプなので、気軽に開閉が出来るようになっています。
2019-8-5 ドライバック (9)2019-8-5 ドライバック (3)
こうやって口が閉まります。これで防水というわけですが、私はこのタイプのケースは初めて使うので、どれくらいの性能なのかよくわかりません。

どれぐらい砂や水が防げるのかを調べてみました。
2019-8-5 ドライバック (10)
 大淀川にて、砂よりもさらに目の細かい泥に近い土を、 ドライバッグにかけてみます。
2019-8-5 ドライバック (11)

口の部分に集中的に土をかけます。
2019-8-5 ドライバック (14)2019-8-5 ドライバック (15)

そして開けてみると・・・
2019-8-5 ドライバック (16)
中身はこんな感じで土は入っていません。

今度はさらに土をかけ、、、
2019-8-5 ドライバック (18)2019-8-5 ドライバック (19)
埋めてみました。



そして開けてみると
2019-8-5 ドライバック (24)
2019-8-5 ドライバック (21)今度は口の部分に土が少しだけついてます。何度か試した所、口を2.5回巻きくらいしっかり閉めると、土も入ってこれない(どうしても少し入りますが)ということでした。海水浴などで持って行った場合は、 多少土がついても大丈夫ですが、入り口の部分は不必要に砂をかけないことが大切です。


今度は水をかけます。
2019-8-5 ドライバック (26)

入り口の部分もストレートで強く攻撃しました。
2019-8-5 ドライバック (27)2019-8-5 ドライバック (28)

そして開けてみると・・・
2019-8-5 ドライバック (29)

少しだけ水が付きました。なんというか、開ける時に少し周りに水が残っていて、それが少し入るくらい。 この後何度か試しましたが、やはり口をしっかりと締めれば(2.5回巻ぐらいする)かなり防げます。1回巻程度だと水が入るので、心配な方は2~3回ぐらい巻くのが良いかと思います。


 皮も厚く、普通に水を受ける分には全く問題がないので、よかったら Deeper Pro Plus と一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

2019-08-05_144222.jpg
関連記事
スポンサーサイト








コメント

非公開コメント