ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

イワシの酢〆を作ります

魚の料理
09 /25 2017
いわしの酢〆を作ったのでそれを動画にしました。




今回のいわしの酢〆はうるめいわしを使用しています。
iwasi 7 


文章でも作り方をご説明していきますね。




①イワシは内臓を出して下処理する
 イワシは内臓を出して処理しておきます。その後3枚におろします。いわしは骨が柔らかいので、手で身をそいでおろすこともできます。その際骨が指に刺さらないように注意してください。3枚におろしたら、いわしの薄皮を剥きますが、今回は向きませんでした。酢〆にする際、剥かなくても気になりません。
iwasi 5 



②塩で〆る
塩を切り身の全体にまぶして、手で中まで浸透させるイメージで入れ込みます。
今回はたっぷりの塩で〆ています。少ない塩で〆る場合もありますが、そうなると最後に醤油に漬けて食べるか、寿司のネタとして食べるかになるので、そのままでも食べれるように塩は多めにしています。多めにしても以外と塩味は、食べるときには強くないです。

 問題は塩で〆ている時間です。今回は30分の〆時間にしました。お好みで時間は変更してよいのですが、長いと塩味が強くなります。私としては30分がちょうど良いと感じています。



③酢で〆る
30分塩で〆たら、しっかり塩気を取るように洗います。洗ったらしっかり水をキッチンペーパーなどで取り、今度は身が浸る程度の酢を入れて酢〆をします。この時間は40分程度です。冷蔵庫にいれて置いたほうが食べるときスムーズでしょう。

 酢の種類は、穀物酢、リンゴ酢、米酢などが合います。今回は穀物酢を使ってマイルドにしています。

④終わったら、切るかキッチンペーパーで巻く
 後は食べるだけなので〆終わった酢を捨てて、食べやすい大きさに切って食べます。保存する場合は、酢に入れておくと酢の味が強くなりすぎるため、酢は捨ててキッチンペーパーなどにくるんでラップしておくと乾燥も防げます。2日以内で食べてください。


 アジサバなんかでもできます。薄皮がある魚は取った方が無難です。特にサバは取った方がおいしく仕上がります。今回のイワシは、面倒なのでとりませんでした。

話変わって、やっぱり写真や動画をきれいに撮影するのが難しいですね。撮影技術は私全然ないですが、動画などを作るときに不可欠な要素だなぁと実感しています。イワシをキレイに飾ることも必要だし、きれいに撮る方法なんかを身につけないと、としみじみ感じております・・・。今度からは飾りも映像もきれいにしていこう。

次回の投稿は9/22 第2回ボート釣り パート②を予定してます。
関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

Re: No title

おはようございます、あおまるさん。
いつもコメントありがとうございます。
動画も拙いものばかりなのでお恥ずかしいですが(^^;)
料理は好きなのでまた載せていこうと思います。

あおまるさんのサイトは写真がいつも魚ばかりでうらやましいです、
動画がなくても素敵だと思います☆☆

秋は魚釣りですよね!これから私たちもいろいろ場所を開拓したいと思います(><)/

No title

こんにちは、しろボーイさん。
わかりやすくとても綺麗にできてますね。
ブログに動画を載せれたらなぁ~と時々思います。
私の力では写真をアップするのがいっぱいいっぱいなのです。
釣りの話ですが、やっと海中が秋の気配になってきましたよ。
一番期待できる季節です。(笑)