ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

イワシのなめろを作ります(簡単) 動画付き

魚の料理
11 /03 2017
こんにちは、今回はいわしのなめろを作ったので動画にしました。作り方の手順が動画で確認できます。時間も手間もそこまでかからない料理なのでぜひ試してみてください。



"なめろ"とはおいしくてお皿までなめてしまうという意味だそうてです。魚の刺身に味噌、香料を加えて臭みを消していただく料理で、味噌を変えることによって味がかなり変わる独特の料理です。今回はイワシ(ウルメイワシ)を使用しましたが、魚によっても味が変わるのでいろんな魚で試してみたい料理です。

私はプロじゃないので詳しいことまでは書けませんが、この手順でやればおいしくなるというやり方で書いています。動画を見るのが面倒な方のために、記事にも同じ内容を記載しています。


用意するもの
イワシ    1尾
味噌  小さじ2
大葉  3枚
ショウガ  1/4本
薬味ねぎ  1本



手順
①薬味系を切る
②イワシを捌いて小さく切る
③薬味とイワシを混ぜる
④よりにんじんを作る(オプション)


①薬味系を切る
 大葉は軸を切り、重ねてくるくる巻いて1mm幅になるように千切りにしていきます。
なめろおろし(8) 切った大葉は水に浸しておくことでアクが抜け、色合いがよくなります。ねぎも同じく1mmくらいで輪切りにしていきます。ショウガもすりおろすか、みじん切りにします(今回はチューブを使用しています)。


②イワシを下処理して小さく切る
 イワシを下処理して内臓を取っていきます。今回はイワシが手で捌けるということがわかったのでてで捌いています。

なめろおろし(9) 

3枚におろしたら、刺身の半分くらいになるように切っていきます。
なめろおろし(10) 
切り身が臭いかなと思う方は、湯引きをするか、調理酒をかけて少し待つと臭みが消えます。

③イワシと薬味を混ぜる
イワシに先ほど切ったねぎ、大葉、しょうがをいれ、均一になるよう混ぜます。混ぜたら、味噌を入れます。なめろおろし(6) 今回は【液状 生きてる味噌】を入れました。味噌は味が濃く、一度に入れると失敗するので、少し入れて混ぜて味見、少し入れて味見というやり方が失敗しないと思います。味が整ったら冷蔵庫で30分ほど寝かせます。


④よりにんじんを作る
 これが一番難しかったです。にんじんを外側から1mm幅になるように皮むきの要領で切ります。SnapShot(57).jpg 


切って10cmくらいになればよりにんじんを作れます。きったらそれを斜めに切り、1cmくらいの幅になるようにします。
SnapShot(59).jpg 
できたらそれを細いもの(箸など)に巻いて、手で押さえて30秒ほど待ちます。
SnapShot(60).jpg 

押さえると形ができるので、今度は反対向きに箸に巻いて完成です(今回は反対側はSnapShot(61).jpg 

後はお皿に盛って完成です。
なめろおろし (5) 


イワシの臭みが消え、味噌がイワシをまろやかに、ショウガとネギがピリッと辛さを引き立てます。簡単に作れてとてもおいしいのでぜひ作ってみてくださいね(^^)

次回は【ヒイラギを調理してみたらとんでもなくまずかった】を投稿予定です。
11/10(金)に投稿予定です。

他の料理動画は↓の関連記事に載せています。



関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント