SnapShot(772w3e33e3).jpg

ザリガニの赤ちゃんの成長観察  【ザリガニをふやしたい】6回目

ザリガニをふやしたい
11 /26 2017
この記事はザリガニのつがいの飼育から、生まれた子供を育てる過程を観察するお話です。ザリガニが産卵し、あかちゃんが生まれて少し成長したので動画にしました。【ザリガニをふやしたい 】6回目です。



生まれた当初は頭でっかちで、泳ぎもへたくそなザリガニでした。お母さんと比べるとやはりその大きさもかわいいものです。約7mm。
SnapShot(5).jpg  SnapShot(6).jpg 



しかし、朝起きて水槽を見てみるとたくさんの脱皮した皮が、水面近くに浮いていました。SnapShot(7).jpg 
 ザリガニは孵化→お母さんの腹にくっついて2回脱皮→外に出て行くという成長を示し、今回は2回目の脱皮が行われたようです。つまり、脱皮後のザリガニは、みな母親を離れ、水槽が赤ちゃんだらけになりました。
 SnapShot(10).jpg 


今回は新しい試みとして、ザリガニに【イエローマジック】というエサを与えてみたいと思います。この【イエローマジック】というエサを使って、ザリガニを黄色にできないかやってみます。このエサは、本来はすでに色固定してある白ザリガニ→黄色に、青ザリガニ(フロリダブルー)→緑色にするエサです。

 ザリガニは青く変色することが一般に知られていますが、それはザリガニの赤色素がなくなるために発生します。しかしサバ、アジなどの魚介類を給餌し続けると青くなるというのは、ザリガニにとっては一部栄養失調を引き起こすため、場合によっては死に至ります。
SnapShot(11).jpg 
 そこでこのエサを使います。このエサはザリガニに必要な栄養をすべて含んでおり、その上でザリガニの体色を変化させる効果があります。このエサの説明では、普通のアメリカザリガニでは、効果はほとんどないと記述されていますが、子供のうちから給餌するとどうなるかわからないので、試してみようと考えました。今後はザリガニの成長とともに、体色の変化があれば報告していきたいと思います。
SnapShot(12).jpg 
さっそく与えてみました。今後は何色になるのかなぁ・・・?


ザリガニを育てたいは下から選べます。


関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント