ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

ホンダ2馬力船外機のプラグをイリジウムに変更しました

ボート器材紹介
02 /21 2018
しろボーイです、先日イリジウムプラグを注文し、届いたのでホンダ2馬力エンジンに装着しました。プラグとは、エンジンを点火させて、起動するための装置で、グリップを握って何度か引くことでエンジンを起動させます。
IMG_2049.jpg IMG_2060.jpg 
このプラグを交換することで、より快適なエンジン始動が可能となるわけです、という情報を得たので私もさっそく注文した次第です(笑)
イリジウムプラグ= DENSO IUF 14-UB

では交換していきます。ふたを・・・
IMG_2052.jpg


 はずして・・・
IMG_2053.jpg 


プラグがあるところを・・・
IMG_2054.jpg 

出して、
IMG_2055.jpg 

専用器材で取り出します。
IMG_2056.jpg 


取り出しました。
IMG_2057.jpg 

こちらが使っていた点火プラグ。
IMG_2058.jpg 


ここで火花をちらせて点火させます(今までのプラグ)
 IMG_2063.jpg

こちらがイリジウムプラグ。
IMG_2062.jpg 
比べると結構細いですね。

こんな感じで新しいプラグに変更しました。それでどうなるかというと、一発でエンジンがつくようになりました絵で表すとこんな感じです。
ボート 作成用20054ボート 作成用20055 正直びっくりしました、いままで一発でエンジンがつくことはなかったので、これはすごい助かります。なぜ助かるかというと海の上でエンジンを始動させるときにすごく楽だからです。海の上で一度エンジンを止め、もう一度つけようとしたときに、
20.png 
こうなると焦ります(というか焦りました)。 
なので、そうならないプラグ交換はとても大事だとわかりました。
耐久性についてはまだ始めてなのでわかりませんが、従来どおりみたいなので、大切に使っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

こんにちは。
そうなんですね。
少しコツがつかめたので起動しやすくなりました。

イリジウムに変えましたか!
でも、イリジウムでも普通にかぶりますから気を付けてくださいね。
リコイルスターターはコツが要りますが、圧縮を感じたところから一気に引くことと、チョークとスロットルの調整です!先日も極寒で一発始動でしたよ✨
昔のバイクや車はエンジンを掛けるのにもコツが必要だったのです👍