ミニボートの楽しさを伝えたいと思い、作ったサイトです 2018 秋の絵 ブログ上部用

グッピーを産卵箱に移動 【動画付き】 

グッピーをふやしたい
03 /18 2018
【グッピーをふやしたい】2回目です。
グッピーのメスを産卵箱に移しました。産卵が近いかなーと思ったからです。
↓はその動画です。





箱の中で窮屈そうですが産卵のために入れておきます。なぜ産卵箱に入れておくかですが、
①赤ちゃんが他の魚に食べられないようにするため
②母グッピーを保護するため   


の2つが主な理由です。 
あかちゃんは卵ではなく、母グッピーのお腹から直接生まれます。
2018-03-05_144337.png
2018-3-5 サムネ


赤ちゃんは最初は丸く収まってます。産み落とされると斜面を転がって下まで行きます。そこで体を開いて動き出します。
2018-03-05_144357.png 


もし斜面が無い場合は下のようになります。
赤ちゃんは無事生まれますが・・・
2018-03-05_144406.png 


母親に食べられます
2018-03-05_144417.png 


だから確実に、母と子を分けます
2018-03-05_144440.png 
でも水槽に水草や隠れ家が多くある場合は赤ちゃんが隠れて生きれるので産卵箱は必要ないです。また産卵箱には水循環の機能もあり、エアレーションすることで水の循環ができるタイプもあります。

産卵箱は↓の商品を使っています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッソー 産卵箱 DX (S) 関東当日便
価格:728円(税込、送料別) (2019/1/1時点)



このように母グッピーが産卵しそうな時期に産卵箱に移すことで、確実に子供を増やしていくことが可能ということです。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

非公開コメント