SnapShot(772w3e33e3).jpg

ウナギが残念な蒲焼になりました・・・ 蒲焼は難しい。

ウナギ釣り
08 /01 2018
前に釣ったウナギですが、蒲焼にしてみました。結論から言うと、おいしくなかったです(笑)

まず捌きました。捌き方はネットを参考にスーっと切った、と言いたいですが、やってみるとジョリジョリ切る感じになりました。でも量は結構なもので、始めはうまそうだと騒いでました。
01dfeff603493d4eaf8a7cf5f915757b19c4f72e1e.jpg 

次にバーベキュー用の台で炭火焼に。
0178c290ff156407db7c2014552db36f90bec4e365.jpg 0105eb377faaa951d81e5272b0cce27839d73d44a7.jpg 
こうやって見るとおいしそうです。そしてタレを付けては焼いて、付けては焼いての繰り返し。
骨と頭はタレに付けて一緒に焼くことでウナギエキス?を出すダシとしました。
0185663b81118d3ec9e2bcb0c1304743021d36cca3.jpg 

面倒なのでフライパンも台に乗せました。
0132225fb874599477d16b24370fc407ae13e77965.jpg 

しかし、火が強すぎたみたいでコゲが発生。そして肉がえらく硬く・・・こちらが完成品です。
01de891fafa69493737d7231450370c1a4f345ec2e.jpg 
0103f81da0454bc67ba3ae045b26c76f2c607af711.jpg 
おいしそうでしょうか??
正直、得体の知れない食べ物でした(笑)
これなに食べてるんだろうと、目隠しししたらわからなくなるレベルです。
食感は・・・なんというか、肉が硬くなってしまって・・・。たぶんビーフジャーキーが一番近い食感だと思います。



結果。
①肉がmの形ではなく、ーーの形になっている
網の上でやったせいか、肉が平べったくなりました。ウナギ屋で食べるmの形で、ふわっとした感じがまるでなく・・・。浮かせて焼いたほうがいいのかもしれない・・・。


②火が強すぎたせいか、肉が硬い
硬いです。火加減めちゃくちゃ大事みたい。ウナギは40分くらい焼くのですが、火が強いとそれだけ長時間あてていることになるので、硬化必至のようです。だから火加減がすごい重要だと悟りました。



ウナギ屋さんの修行が何年もかかる理由の一端を見た気がしました・・・
でもこりずににまた釣ってきて作ってみます。なんかガスコンロの魚焼き器でもできるらしいので、今度はそれで試してみますm(_ _)m





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事